◆ひこね市民づくり第九演奏会のページへようこそ!◆
トップページひこね第九オーケストラひこね第九合唱団ひこね第九実行委員会過去の第九演奏会リンク集

■ひこね第九オーケストラ

■過去の演奏会

サマーコンサート

  第1回(2000)
  第2回(2001)
  第3回(2002)
  第4回(2003)
  第5回(2004)
  第6回(2005)
  第7回(2006)
  第8回(2007)
  第9回(2008)
  第10回(2009)
  第11回(2010)
  第12回(2011)
  第13回(2012)
  第14回(2013)
  第15回(2014)
  第16回(2015)
  第17回(2016)
  第18回(2017)
  ルッチ(2017)
  第19回(2018)

スプリング
コンサート

  第1回(2002)
  第2回(2003)
  第3回(2004)
  第4回(2005)
  第5回(2006)
  記念 (2007)
  第6回(2008)
  記念 (2009)
  第7回(2009)
  オペラ(2010)
  第8回(2011)
  第9回(2012)
  第10回(2013)
  第11回(2014)
  第12回(2015)
  デューク(2015)
  第13回(2016)
  第14回(2017)
  ルッチ(2017)
  第15回(2018)
  第16回(2019)

 


H15/10/25,26
滋賀銀行
創立70周年記念
ガラコンサート
佐渡裕

 

ひこね第九オーケストラ

ひこね第九オーケストラの紹介

 ひこね第九オーケストラは、1997年12月21日にひこね市民手作り第九演奏会をするために結成された湖東・湖北地域の3管編成の市民オーケストラです。今までに21回の第九演奏会、19回のサマーコンサートのほか、16回の子供ためのスプリングコンサートなど、市民オーケストラとして地域の音楽文化の向上のため活発な活動を続けています。2007年11月に多年にわたる音楽活動が高く評価され、将来を期待される団体として平成19年度滋賀県文化奨励賞を受賞しました。
 普段の練習からプロで活躍しておられる一流の指揮者やトレーナーをお迎えして、質の高い練習と音楽づくりを目指しています。団員の平均年齢も若く、素直で暖かい雰囲気のオーケストラです。ブリテン、バルトーク、コープランド、コダーイ、マーラー、ストラヴィンスキー、ショスタコーヴィッチ、ニルセン、ラベル、オルフなど20世紀の音楽にも積極的に取り組んでいます。

 1999年12月 ドイツベルリンへの第九演奏旅行
 2001年 2月 ドイツの合唱団を迎えての彦根市制記念第九演奏会
 2003年10月 KEIBUNの70周年演奏会にゲスト出演し、佐渡裕氏・京都市交響楽団と共演
 2007年12月 松尾葉子氏を迎えて第10回記念ひこね市民手作り第九演奏会
 2008年12月 藏野雅彦氏を迎えてマーラーの交響曲第2番「復活」を演奏
 2010年 3月 北原幸男氏を迎えて、二宮玲子作曲の井伊直弼と開国150周年のフィナーレで
         茂山家狂言師とのコラボで市民オペラ「狸の腹鼓」を演奏
 2014年12月 東日本大震災の復興を願って佐藤眞作曲混声合唱とオーケストラのためのカンタータ「土の歌」を演奏
 2017年12月 藏野雅彦氏を迎えて第20回彦根発!手づくり第九演奏会でオルフの「カルミナ・ブラーナ」と第九を演奏 

ひこね第九オーケストラ練習計画 (クリックしてください)

   第20回 サマーコンサート 本格的なクラッシクコンサート

        平成31年6月23日(日)   ひこね市文化プラザグランドホール
          指揮者  藏野雅彦
           曲目   モーツァルト 歌劇「魔笛」序曲
                ブルックナー 交響曲第8番

 












蔵野雅彦

 京都市生まれ。幼少より音楽教育を受ける。京都市立上京中学校吹奏楽部でトランペットを始める。京都市立堀川高等学校音楽科(現京都堀川音楽高等学校)を経て東京藝術大学音楽学部卒業。ソリストとしてハイドン、フンメル等のトランペット協奏曲をオーケストラと共演するほか、フリーランサーとしてカラヤン指揮ベルリンフィル、NHK交響楽団等で演奏する。また上野の森金管合奏団、東京チェンバーブラスコワイヤー、京都シティブラスアンサンブルのメンバーとして活動。藏野雅彦金管五重奏団を主催。1989年リサイタル開催。トランペットを八木茂夫(元京響)、北村源三(元N響)、ウバルト・シュナイダー(元バイエルン放送響)の各氏に師事。
 1987年より母校堀川高校音楽科で教鞭をとると同時に指揮者としての活動を開始。1992年ウクライナ国立交響楽団より招聘されマーラー/交響曲第1番「巨人」、プロコフィエフ/ロミオとジュリエット等を指揮、国内では京都市交響楽団演奏会でオネゲル作品等を指揮しプロデビューする。2002年文化庁派遣芸術家在外研修員としてオーストリア国立グラーツ芸術大学に留学、マルティン・ジークハルト教授に師事。グラーツ歌劇場においてフィリップ・ジョルダン氏からオペラ指揮法を学ぶ。2004年にはロシア国立ノヴォシビルスク・アカデミー交響楽団より招待され、マーラー、R.シュトラウス作品を指揮し満場のスタンディングオベーションを受けた。2006年には兵庫県芸術文化センター開館事業として中西覚作曲のオペラ「おさん茂兵衛丹波歌暦」を指揮し大成功を収めた。2008年高昌帥作曲関西シティフィル委嘱作品「“あなたに”より」の初演指揮で大好評を得る。2010年平野一郎作曲八幡市委嘱作品「八幡縁起」の初演を指揮大きな反響を呼び、さらに2016年同氏作曲「八幡大縁起」の初演を指揮し大成功を納めた。またアンドラーシュ・アドリアンFl、大嶋義実Fl、北村源三Tp、上田仁Tp、菊本和昭Tp、ジェイ・フリードマンTb、四方恭子Vl、稲庭達Vl、漆原啓子Vl、ギオルギ・バブアゼVl、上村昇Vc、藤森亮一Vc、中村功Per、阿部裕之Pf、喜多宏丞Pfといった世界的音楽家と協演。2017年6月には韓伽?氏Pfとベートーヴェンの協奏曲第5番を共演予定。
 現在までにキエフ・シェフチェンコ国立歌劇場管弦楽団、ウクライナ・ナショナル交響楽団、ロシア・マリエル国立歌劇場、同管弦楽団、キエフ・ルイセンコ音楽院弦楽合奏団、兵庫芸術文化センター管弦楽団、京都市交響楽団、京都フィルハーモニー室内合奏団、奈良フィルハーモニー管弦楽団、大阪市音楽団をはじめ多くのオーケストラを指揮し好評を博す。
 第13回京都芸術祭京都府知事賞受賞。
 指揮を小泉和裕、田中良和、故伊吹新一、故遠藤雅古の各氏に師事。
 現在、京都教育大学および同大学院非常勤講師。
 (2017年3月現在)

平成19年度滋賀県文化奨励賞

ひこね第九オーケストラが、平成19年度滋賀県文化奨励賞を受賞する事になりました。
11月29日(木) 午前10時30分から滋賀県公館で贈呈式があり、sawacelloが団を代表して出席してきました。文化奨励賞とは、多年(おおむね10年)にわたり優秀な作品を発表するなど文化活動において優れた成績をあげ、その活動において将来を期待される個人または団体にいただける賞です。
ひこね第九オーケストラの10年間の音楽活動が評価されてとても光栄ですね。

第32回(平成19年度)滋賀県文化賞等受賞者
  滋賀県文化賞 
   中路融人 京都市 74歳 芸術文化(美術)
   若杉 弘  東京都 72歳 芸術文化(音楽)

  滋賀県文化功労賞
   奥田 實  甲賀市 74歳 芸術文化(陶芸)
   高田 昇  大阪市 64歳 学術
   橋本初子 大津市 73歳 郷土文化(文化財)

  滋賀県文化奨励賞
   岡田修二 守山市 48歳 芸術文化(美術)
   若林千春 草津市 46歳 芸術文化(音楽)
   ひこね第九オーケストラ 彦根市 芸術文化(音楽)

 

■募集パート ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、打楽器(経験者)

■募集人員  各パート若干名
 (ただし、管楽器の募集パートについては欠員がある場合のみの募集となります。
  下記まで、お問い合わせください。簡単なオーディションをします。)

※参加費、練習日、練習場所などの詳しいことは、

こちらへお問い合わせください。